Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://help36.blog118.fc2.com/tb.php/12-627ec7e5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C86]

御両親の形見は大事にしたいですよね。

私も母親の古い服や化粧品などを持ち回っています。

[C44]

頑張ってますね。
引越し業者にもよりますが、
梱包要因(細かいものもすべて)の人を
寄こしてくれるとこありますよ。
一人一万円くらいだと思います。
なので、正直細かい掃除なんかはもうあきらめて
要るいらないの選別だけをしっかりすればイイとおもいます。
皆さん言ってるように、荷物は最低限にしましょう。
迷ったものは、捨ててしまうくらいでいいと思う。
最初は正直無理かと思いましたが、なんとかなりそうですね。
新しい生活の心配は、新しい生活が始まってから。
人生なんとかなるもんです。というか、なるようにしかならないというかw
自分のできる範囲で頑張れば十分ですよ。
  • 2007-09-04
  • ななし
  • URL
  • 編集

[C43] 40です

今日は手続き等、大変だったと思います。
今も大変でしょう。

私も引っ越しの時、向日葵さんのようにぎりぎりまで何もできませんでした。
普通の人が1時間で出来ることが3時間や4時間かかるのも経験しました。
気持ちは焦るばかり・・・・。
でも、なかなか進まない。
遺品を処分するのは、本当に本当に辛かったです。
泣きながら捨てました。
最後の最後まで悩んだ末、持って行こうとしたベビー箪笥も・・・・。
精神科の先生に言われた事を言い聞かせました。

「生きていく為には、捨てなければならない事がある。忘れたふりをしなくてはならない時がある。辛いだろうけれど、それを受け入れなければいけない。」
「人間は毎日なにかを失いながら生きているんですよ。それが何かは人によって違うけれど、平等に失う物は例えば時間、身体的な若さ、汗をかくのも、疲れたりするのも。生きて細胞が失われていく証拠です。失った物の換わりに、得る物がある、例えば眠ったり、食事したり、経験から学ぶ事をする。そして、新しい細胞も生まれます。今は人生の休憩時間。とても辛い経験をしたのだから、当然ながら休憩は必要です。無理をせずに、亡くなった人がどうか・・・ではなくて自分の事を少しだけで良いから考えて欲しい。そして、いつか笑えるようになって欲しい。笑えるようになったら、他の人が持っていない何かが必ずあなたには身についている。それは忍耐力かもしれないし、思いやりかもしれない。失って得た物など何もなかった・・・と言うセリフは嘘です。必ず何かを得ます。そのセリフも気付いた事の過去形です。過去と言うのは過ぎてしまった、失ってしまった事を言うのです。過去は取り戻せません。どんな天才もお金持ちにも無理です。失った物を埋め合わせる事を少しずつ考えましょう。」
「物は必ずいつかは消えます。しかし、思いは消えません。物に縛り付けられるのではなく、苦痛であろう原因から逃げる勇気も必要です。」

もう必死でした。
いつまでも、このままではいけない、子供の為にも頑張ろう。その為に捨てるんだと何度も思いました。私も引っ越し後に働きました。結果は、捨ててよかったと思いました。うまく説明できなくて申し訳ないです。物が無くなったから何かが変わるのではないかも知れないです。私の場合は「捨てる」=「乗り越える」だったのかも知れません。
引っ越しと仕事は、私にとって辛い作業ではありましたが、普通の生活に戻るきっかけになりました。
向日葵さんと私が同じだとも思っていないですし、押し付ける訳でもありません。

ちなみに、私は向日葵さん以上に片付けに時間がかかりました。正直に言って、掃除前と掃除後の写真を見て「短時間に凄い!」と思いました。思い出の品、うまく選別できると良いですね。それが終わったら、あっと言う間に掃除できてしまうかも・・・・と、向日葵さんの掃除力を見て思いました。

[C42] 引越し見積もりの電話が優先では?

 向日葵さん、ずいぶんとがんばってらっしゃいますね!ええあなたはがんばってますよ。
>普通の人が1時間で終わる作業に3~4時間かかることもザラです。
そう、人と同じことをするのに3,4倍の力がいるんです。これが私たちです。気にしない。大丈夫、できていってますよ。

 で、今はなにかしてますか?

 たんすなどですが、人それぞれに意見が違いますね。ただのたんすではなく、思い出のたんすなのですね。「お父さんのたんす」「おかあさんのたんす」と二つぐらいに絞ることはできませんか。全部捨てるのは寂しいですが、全部持っていくのは物理的にも無理ですよね。
 物も大事ですが、今からのあなたも大事ですよ。

 部屋の片付けですが、 ひっこしの見積もりが最優先ではないかな。引越しの日程は早い門順で埋まっていきますよね。すぐ電話がよろしいと思います。
 間に合わない、では決まった仕事にも差し支えますよ。 

 向日葵さん、いいお名前です。

[C41]

>40さん
が言われてるように
本当にほとんど捨ててしまうほうが良いのでは。
ご両親も遺品に囲まれて悲しんでばかりいる向日葵さんを見るのはお辛いと思いますよ。
家具はホント、要らないです。
いざとなったらダンボールでも暮らせます。
仕事が落ち着いてゆっくり考えられるようになったらひとつずつ揃えていきましょう。
それこそリサイクルショップで素敵な家具選び放題!
貧乏でも良いじゃないですか。
健康で清潔に暮らしている向日葵さんになれば、ご両親もきっと安心されると思いますよ。
「捨てる」っていう表現に抵抗があるのかな?
(心が)豊かになるために色んなモノにさよならをしましょう!
ここまで出来た向日葵さんです。
大丈夫ですよ!

現実問題、旧居の掃除はもう諦めた方がいいのでは?と。
どちらにしてもクリーニング代は請求されます。
それだったら新しい生活のために必要なものだけを取捨選択する時間にあてましょう。
本はまた読みたくなったら図書館に行きましょう。
タオルなんか2枚くらいあれば充分。
食器だって一揃えあれば何とかなります。
モノがすくなければ掃除だって簡単です。
もう二度と散らかることもありません。
キレイな何も無い部屋でノビノビ寝てください。


[C40]

私も死別が原因でひきこもった経験があります。
(私の場合は子供と死別・ひきこもり5年くらい)
引っ越しの時に、遺品を整理していたら、やっぱり辛いんですよね。
でも、結局のところ、手元にあっても見るのが辛いからみていなかった。
現実逃避したくて、掃除もその遺品のある部屋はできませんでした。
精神科の先生の進めで、写真も見ないようにしました。
引っ越しの時、思い切って写真と本当に手放したくない物(ダンボール1箱)以外は
すべて処分しました。
そうしたら、少し楽になったんです。
これも逃げの一種かもしれないし、私の場合だけかもしれません。
でも、精神科の先生も思い出して辛くなる物は目に入らないように
しておいた方が良いと薦められて、現在もそのようにしています。
心のどこかに「自分は冷たいんじゃないか。」とか思ったんですが
思い出・・・と言い始めたらきりがありません。
辛いかもしれないですが、そのように過去を乗り越える方法もあります。
物はなくても、心にはいつも故人はいます。
向日葵さんが楽に生活できる方法が見つかるように祈っています。

[C39]

古本は電話したら取りに来てくれるはず。
ゴミは最悪、引っ越し屋さんに処分してもらうしか
ないですね。

思い出の品は無理に捨てなくて良いと思います。
しかし、引っ越しの見積もりをするなら、大まかな
数量を伝えなければ(家具含む)いけないから
あまりのんびりと選別できないですね・・・・。

とにかく、無事に引っ越しできるように応援しています。

[C38]

焦る事はないから落ち着いて考えてね
捨てる物と持って行く物をメモに書いたりしてみては?

[C37] パニクってきました

持っていくべきものが判りません。
引越し先の間取りを計ってきたので、喫茶店で間取り図を見ながら、どこに何が置けるか確認してきます。
落ち着いて頭を整理しないと無理なようです。

引越屋さんと市役所には電話しました。
今、コールバック待ちです。

市役所は外まで出した粗大ゴミしか引き取ってくれないそうなので、家具は引越屋等の業者に依頼するしかないようです。
  • 2007-09-04
  • 向日葵(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

すぐに掃除から脱線してしまいます

2chからいらっしゃった方へ ← 見てください。


実は、2/3~4/5ペースで脱線しています。

「どこから手を付ければいいんだろう」
「もう人生のやり直しは無理かもしれない」
「引っ越した後のお金は大丈夫だろうか」

不安が頭の中がぐるぐるし、すぐに何も手がつかなくなってしまいます。
ただ、ぼーっと眺めている時間もかなり多いです。

「ご飯を食べたら」
「コーヒーを飲んだら」
「この煙草を吸い終わったら」
「この曲が終わったら」

今度こそ掃除にかかろうと思いながら、どんどん脱線してしまいます。
普通の人が1時間で終わる作業に3~4時間かかることもザラです。


それでも、就職が決まって1ヶ月間、
焦るばかりでまったく実行に移せなかったことを考えたら少しずつですが進んでいます。


1番困っているのは、やはり捨てるべきものが正直選択出来ないことです。
私には預ける実家が無いので、
両親の形見もすべて自分で持って回るしかありません。


両親との想い出が残っている家具は、正直あまり捨てたくありません。
しかし、3人家族用に買ったものばかりなのでどれも1人暮らしにはあまりにも立派すぎます。
新しい部屋に入りきらないので捨てるしかありません。

桐のタンスをはじめとした大きなタンス類は、
リサイクル業者か粗大ゴミに出すつもりでいますが、
迷っている家具も沢山あります。


細々した形見は、昨夜・・・、というか朝方どうしても眠れなかったので整理しました。
小さい、本当に小さい段ボールに母が書いた育児日記、父が使っていた手帳、
両親が大切に保管していた私が母の日や父の日に書いた手紙とか、
そういったものをまとめました。


ブログの写真や自分メモを見て、ギリギリやるべきことを思い出しています。

「助けて下さい」の声に反応して下さった方々のコメントを見て「頑張ろう」と動き始めます。

コメントを見てよく泣きます。
5年間、ほとんど人と会話していなかったので嬉し涙は久しぶりです。

余裕がなくて全レス出来ていませんが、
1人1人にお礼をいって回りたいくらいに嬉しいです。


また沢山脱線してしまうかもしれませんが、今日も頑張ります。
アドバイスを参考に自分メモを整理してみました。
今やるべきことは、こんな感じでしょうか?

何とか床研きまで終わらせてから、写真をUPしたいです。




↑同じように困ってる人にいつか役立つかもしれないので、ランキングに登録しました。


【自分メモ】
・市役所やゴミ処理業者に電話して金額を聞く
・引越屋に見積を依頼する
・不動産へ敷金を振り込む
・古本屋に行く
・必要最低限の身の回りのものは別にまとめる

【後でやり方を考える 】
・流しのサビを取る方法
・便器に染み付いたカビみたいな汚れを取る方法
・ガラスについたガムテープの剥がし方(?)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://help36.blog118.fc2.com/tb.php/12-627ec7e5

0件のトラックバック

9件のコメント

[C86]

御両親の形見は大事にしたいですよね。

私も母親の古い服や化粧品などを持ち回っています。

[C44]

頑張ってますね。
引越し業者にもよりますが、
梱包要因(細かいものもすべて)の人を
寄こしてくれるとこありますよ。
一人一万円くらいだと思います。
なので、正直細かい掃除なんかはもうあきらめて
要るいらないの選別だけをしっかりすればイイとおもいます。
皆さん言ってるように、荷物は最低限にしましょう。
迷ったものは、捨ててしまうくらいでいいと思う。
最初は正直無理かと思いましたが、なんとかなりそうですね。
新しい生活の心配は、新しい生活が始まってから。
人生なんとかなるもんです。というか、なるようにしかならないというかw
自分のできる範囲で頑張れば十分ですよ。
  • 2007-09-04
  • ななし
  • URL
  • 編集

[C43] 40です

今日は手続き等、大変だったと思います。
今も大変でしょう。

私も引っ越しの時、向日葵さんのようにぎりぎりまで何もできませんでした。
普通の人が1時間で出来ることが3時間や4時間かかるのも経験しました。
気持ちは焦るばかり・・・・。
でも、なかなか進まない。
遺品を処分するのは、本当に本当に辛かったです。
泣きながら捨てました。
最後の最後まで悩んだ末、持って行こうとしたベビー箪笥も・・・・。
精神科の先生に言われた事を言い聞かせました。

「生きていく為には、捨てなければならない事がある。忘れたふりをしなくてはならない時がある。辛いだろうけれど、それを受け入れなければいけない。」
「人間は毎日なにかを失いながら生きているんですよ。それが何かは人によって違うけれど、平等に失う物は例えば時間、身体的な若さ、汗をかくのも、疲れたりするのも。生きて細胞が失われていく証拠です。失った物の換わりに、得る物がある、例えば眠ったり、食事したり、経験から学ぶ事をする。そして、新しい細胞も生まれます。今は人生の休憩時間。とても辛い経験をしたのだから、当然ながら休憩は必要です。無理をせずに、亡くなった人がどうか・・・ではなくて自分の事を少しだけで良いから考えて欲しい。そして、いつか笑えるようになって欲しい。笑えるようになったら、他の人が持っていない何かが必ずあなたには身についている。それは忍耐力かもしれないし、思いやりかもしれない。失って得た物など何もなかった・・・と言うセリフは嘘です。必ず何かを得ます。そのセリフも気付いた事の過去形です。過去と言うのは過ぎてしまった、失ってしまった事を言うのです。過去は取り戻せません。どんな天才もお金持ちにも無理です。失った物を埋め合わせる事を少しずつ考えましょう。」
「物は必ずいつかは消えます。しかし、思いは消えません。物に縛り付けられるのではなく、苦痛であろう原因から逃げる勇気も必要です。」

もう必死でした。
いつまでも、このままではいけない、子供の為にも頑張ろう。その為に捨てるんだと何度も思いました。私も引っ越し後に働きました。結果は、捨ててよかったと思いました。うまく説明できなくて申し訳ないです。物が無くなったから何かが変わるのではないかも知れないです。私の場合は「捨てる」=「乗り越える」だったのかも知れません。
引っ越しと仕事は、私にとって辛い作業ではありましたが、普通の生活に戻るきっかけになりました。
向日葵さんと私が同じだとも思っていないですし、押し付ける訳でもありません。

ちなみに、私は向日葵さん以上に片付けに時間がかかりました。正直に言って、掃除前と掃除後の写真を見て「短時間に凄い!」と思いました。思い出の品、うまく選別できると良いですね。それが終わったら、あっと言う間に掃除できてしまうかも・・・・と、向日葵さんの掃除力を見て思いました。

[C42] 引越し見積もりの電話が優先では?

 向日葵さん、ずいぶんとがんばってらっしゃいますね!ええあなたはがんばってますよ。
>普通の人が1時間で終わる作業に3~4時間かかることもザラです。
そう、人と同じことをするのに3,4倍の力がいるんです。これが私たちです。気にしない。大丈夫、できていってますよ。

 で、今はなにかしてますか?

 たんすなどですが、人それぞれに意見が違いますね。ただのたんすではなく、思い出のたんすなのですね。「お父さんのたんす」「おかあさんのたんす」と二つぐらいに絞ることはできませんか。全部捨てるのは寂しいですが、全部持っていくのは物理的にも無理ですよね。
 物も大事ですが、今からのあなたも大事ですよ。

 部屋の片付けですが、 ひっこしの見積もりが最優先ではないかな。引越しの日程は早い門順で埋まっていきますよね。すぐ電話がよろしいと思います。
 間に合わない、では決まった仕事にも差し支えますよ。 

 向日葵さん、いいお名前です。

[C41]

>40さん
が言われてるように
本当にほとんど捨ててしまうほうが良いのでは。
ご両親も遺品に囲まれて悲しんでばかりいる向日葵さんを見るのはお辛いと思いますよ。
家具はホント、要らないです。
いざとなったらダンボールでも暮らせます。
仕事が落ち着いてゆっくり考えられるようになったらひとつずつ揃えていきましょう。
それこそリサイクルショップで素敵な家具選び放題!
貧乏でも良いじゃないですか。
健康で清潔に暮らしている向日葵さんになれば、ご両親もきっと安心されると思いますよ。
「捨てる」っていう表現に抵抗があるのかな?
(心が)豊かになるために色んなモノにさよならをしましょう!
ここまで出来た向日葵さんです。
大丈夫ですよ!

現実問題、旧居の掃除はもう諦めた方がいいのでは?と。
どちらにしてもクリーニング代は請求されます。
それだったら新しい生活のために必要なものだけを取捨選択する時間にあてましょう。
本はまた読みたくなったら図書館に行きましょう。
タオルなんか2枚くらいあれば充分。
食器だって一揃えあれば何とかなります。
モノがすくなければ掃除だって簡単です。
もう二度と散らかることもありません。
キレイな何も無い部屋でノビノビ寝てください。


[C40]

私も死別が原因でひきこもった経験があります。
(私の場合は子供と死別・ひきこもり5年くらい)
引っ越しの時に、遺品を整理していたら、やっぱり辛いんですよね。
でも、結局のところ、手元にあっても見るのが辛いからみていなかった。
現実逃避したくて、掃除もその遺品のある部屋はできませんでした。
精神科の先生の進めで、写真も見ないようにしました。
引っ越しの時、思い切って写真と本当に手放したくない物(ダンボール1箱)以外は
すべて処分しました。
そうしたら、少し楽になったんです。
これも逃げの一種かもしれないし、私の場合だけかもしれません。
でも、精神科の先生も思い出して辛くなる物は目に入らないように
しておいた方が良いと薦められて、現在もそのようにしています。
心のどこかに「自分は冷たいんじゃないか。」とか思ったんですが
思い出・・・と言い始めたらきりがありません。
辛いかもしれないですが、そのように過去を乗り越える方法もあります。
物はなくても、心にはいつも故人はいます。
向日葵さんが楽に生活できる方法が見つかるように祈っています。

[C39]

古本は電話したら取りに来てくれるはず。
ゴミは最悪、引っ越し屋さんに処分してもらうしか
ないですね。

思い出の品は無理に捨てなくて良いと思います。
しかし、引っ越しの見積もりをするなら、大まかな
数量を伝えなければ(家具含む)いけないから
あまりのんびりと選別できないですね・・・・。

とにかく、無事に引っ越しできるように応援しています。

[C38]

焦る事はないから落ち着いて考えてね
捨てる物と持って行く物をメモに書いたりしてみては?

[C37] パニクってきました

持っていくべきものが判りません。
引越し先の間取りを計ってきたので、喫茶店で間取り図を見ながら、どこに何が置けるか確認してきます。
落ち着いて頭を整理しないと無理なようです。

引越屋さんと市役所には電話しました。
今、コールバック待ちです。

市役所は外まで出した粗大ゴミしか引き取ってくれないそうなので、家具は引越屋等の業者に依頼するしかないようです。
  • 2007-09-04
  • 向日葵(管理人)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

向日葵(ひまわり)

Author:向日葵(ひまわり)
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。